FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

gkjyhk.jpg

掃除してたらふと気になったので絵のために買った本を集めてみたり。
ぱっと目につくものだけなのであと5,6冊はあるかと思いますが…人体関連の本買いすぎですね(汗
左下の二冊は今日届いた洋書、アマゾンの配達予定は13日だったのに思いのほか早く届きました。
さすがに筋肉関連はもういらないかな、ぱっと見た感じだと左下の青い洋書が一番私にはあってそう。
どこどこ筋がどうだこーだってのが文章であるとそこを読み飛ばすんですよね、私。
絵としての流れで覚えたいってのがあるのでやさしい美術解剖図は肌に合わなかったです。
ひたすらいろいろな角度の筋肉を描いて三角筋がどーとかじゃなく
腕なら腕、足なら足として覚えたいので解剖図ほど細かく描いて
"この筋肉がここに入り込んでここの筋肉が強調される・・・"とか文章であっても持ち腐れになるんですよね。
洋書の本はここは何々筋ですよ、だけなので不親切って言えばそうなんですが私にの肌に合います。
ぶっちゃけそれも英語なんで分からないんですが(ぁ
後ろにあるダ・ヴィンチとかのデッサンも見ていて面白かったので青い洋書は買ってよかったです。
1000円でこれならおすすめできます
でもきっちり筋肉や骨の構造を学びたいっていうならやさしい美術解剖図が無難ですね。
左下の茶色の洋書は左のページに人体デッサンがが載っていて右のページでこのポーズの時の骨、筋肉が描いてある感じ
描いて覚えるなら実践的で良いですね、解剖図とかでパーツをある程度学んだらこれで全身としての筋肉を答え合わせってのがよさそう。

…ぶっちゃけ私は参考書を買っただけで勉強した気分になる人間なんで絵の本もそんな感じなんですけどね。
こんなのを語ってる暇があったら模写でいいから手を動かそう…。

続きから拍手返信です

*蒼夜さん*
ありがとうございます、しりとり練習は気が向いたら続けていこうと思ってます。

Gに関してはこの季節は憂鬱ですよね…。
アシダカ軍曹は心強い反面やっぱりビジュアル的にはビビリます(汗
数年前自室に居たときは放置してたらいつの間にか手元に近づいていて目が合いましたし(ぁ
臆病じゃなかったのか軍曹…。
その時はテンパって潰してしまったのでちょっと反省
その時以来遭遇したら殺さずに箒で外にお帰りいただいてます(笑

スポンサーサイト

2010/07/12 12:27 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。